FXトレーダー『オンザロック』のトレード日記

#ドル円の1分足スキャルパー です。webディレクターとの兼業です。毎日のリアルなトレードノートを投稿していきます。

main

モチベーションとは何か?

トレーダーの勉強を奥深くしていくと、「スピリチュアル」「自己啓発」「引き寄せの法則」「パワースポット」などのワードをよく目にするようになります。

web業界だとあまり目にしないのですが、トレード業界ではテクニカルの話を熱心にされている方は、「メンタル面」の重要性も同じぐらい熱心に言われている印象があります。

自分もメンタル面の有名な資料は一通り見たつもりなのですが、今回はそういった情報から自分なりに取捨選択し、なかおつ、「すぐに使えるテクニックレベル」に落とし込んだ5個のモチベーションの上げ方を理由とセットで紹介したいと思います。

その1:パソコン作業中はテンションの上がる作業BGMを探す

まずサクッと出来る方法として、パソコン作業中のBMGは大事だと思います。

私は、マルチタスクが好きな方なので、以前はモーサテをテレビ東京ビジネスオンデマンドで見ていましたが、株からFXに移行し、なおかつファンダを重視しなくなったので、最近は「ビジネス系の動画」「huluでアニメ」「オーディオブック」などを気分によって使い分けています。

ただ、文章を書いたり、ルーティングワークのときはさすがに声が入っているとダメなので、音楽を流しています。最近だと、kobasoloさんの再生リストを流したりしています。

あとは、リラックス - YouTubeから、ホテルで流れているような音楽を流すことで、「ラグジュアリー感」を大事にしています。あとで、また触れますが、このラグジュアリー感は非常に重要なポイントだと思っています。

その2:体のメンテナンスは超大事

「やる気が出ない」という場合、メンタルの前にまずは「体の調子」を先に確認するといいと思います。具体的には、

・目
→眼科に2~3か月に1度はいき、ピント調整を補助する目薬を処方してもらっています。
ブルーベリーのサプリを飲んでいます
→目が疲れたホットアイマスクを使っています。

20171113171311

両目をつぶると時間がもったいない気がするので、片目ずつしています(笑)

・歯
→3か月に1度歯医者でクリーニングをしてもらっています。歯は色々な病気に繋がるみたいですね。

・鼻
→鼻づまりを避けたいため、耳鼻咽喉科に2~3か月にいき点鼻薬を処方してもらっています。(点鼻薬は市販のものと処方してもらうのは全然違うらしいです。)

・肩凝り・腰痛対策
コリコランという高周波治療のアイテムを常時使用しています。
→それでもやばいときは、腰痛はオムロン、頭痛はNECK RELAXというアイテムを使っています。

・運動

→ジムに行ったりする時間がもったいないので、シックスパッドと毎朝トランポリンで、インナーマッスル対策と全身運動をしています。

20180706215103

ずっとパソコン生活なのですが、これを始めてからは、本当に体の調子がよくなりました。

・サプリ

→上記で書いたブルーベリーのサプリと別に、ビタミンBのサプリも飲んでいます。


まぁ、若干やりすぎな感もあるかもしれませんが、参考になれば(笑)

その3:FX関係のネット友達を作って、LINEで孤独解消

トレード中の待ち時間って暇なんですよね(笑)
というわけで、色々なLINEグループに入り、トレード中はチャットをしつつ、情報交換もして新しい情報のインプットにも繋げています。

LINEグループではないですが、私に質問があればLINEで疑問が途切れるまでお答えします。という企画もやっていますので、興味あればお気軽に友だち登録ください(笑)

その4:睡眠の質を上げる

次に健康と時間の使い方で大事なのが「睡眠」と思っています。よく、短眠は短命とか言われますが、自分は、短眠を色々試してみましたが、1週間トータルで見るとパフォーマンスがよくなかったです。

その為、自分の場合は "睡眠の質を上げる" ことをポイントに考えています。

具体的には、下記のようなグッズがよかったです!

368

かなりありますね(笑)

・CPAP(シーパップ)という呼吸器
個人差がありますが、人間は寝ているときには、起きているときと比べ酸素不足になる傾向があるようです。その為、この特別な機械で圧力をかけた空気を鼻から気道(空気の通り道)に送り込み、気道を広げて睡眠中の無呼吸を防止するアイテムです。
CPAP(シーパップ)とはどのような治療法ですか?|一般社団法人日本呼吸器学会

これは寝つきが悪い人向けのアイテムですが、寝れない人は呼吸のリズムが問題ということで、呼吸をサポートしてくれるアイテムです。

以下商品ページから一部抜粋

>慢性不眠症だった創業者アレックスは、薬に頼らずに簡単に眠りに落ちることができる方法を探すことにしました。彼が発見したのは、呼吸を調節するということが、メディテーション、ヨガ、ソフロロジー、心臓コヒーレンスなどの核であるということでした。つまり、実は呼吸を整えることがストレスを解消し、気持ちの乱れを解放する最高の方法の1つであることは、様々な研究によって既に示されています。 そこでアレックスもメディテーションの練習を続けたところ、呼吸を整える方法を見つけ、心地よい睡眠を得ることに成功しました。

>Dodowから柔らかな青い光が天井に映し出されます。目を開けて、明るさの変わる光を眺めてください。その光にゆっくりと呼吸のリズムを合わせてください。明るくなったら息を吸い、暗くなったら息を吐いてください。




なんとなく、この空間に入ることで安堵感が生まれます(笑)




オススメのピローミスとです。

その5:ラグジュアリーな気持ちを作る

最後は「意識の問題」なんですが、色々な人が色々な形で表現していますが、自分はシンプルに、

「ラグジュアリーな気持ちになることを大事にする」

という1点に絞って考えています。例えば、朝食で言えば、

A: 遅刻しそうな状況で、焦った状態で適当な朝食を急いで食べる
B: 出社の1時間前に起きて、高級ホテルで優雅に朝食を食べる


だと、「B」の方が、その日トータルでうまくいく気がします。
そして、日々の発想や行動も、ポジティブに考えられる気がします。

これは一例ですが、このような細かなことが日々沢山あると思っていまして、結果として、

「身分相応に生きるべき」
「自分なんて、そんな多くを望んじゃいけない・・・」

というような自尊心を低くしてしまう行動や考え方を極力排除し、

「自分は、FXで勝ち続けることは当たり前なんだ。」
「自分にとって都合のいい環境にどんどん変わっていくべきだ。」

という風に考えるようにしています。これは、「頭で想像したことしか起こらない。」という考え方があり、成功のイメージや、利益が増えるイメージをより明確にイメージできることがFXが勝てるようになる秘訣かと思っています。

そういったことを、「ホメオスタシス効果(恒常性)」や「引き寄せの法則」と言います。もし詳しく興味がある方は、

THE SECRET [DVD]
ロンダ・バーン
アウルズ・エージェンシー
2008-06-12


こちらのDVDは、引き寄せの法則については詳しく説明されています。

ただ私の場合、シンプルに「ラグジュアリーな気持ち」を保つようにしていないと、自尊心が低い考え方に引っ張られて、貧困な発想になっていく気がしているから「ラグジュアリーな気持ち」を維持する。という1点のみに焦点を絞っています。

この類の話は、色々な捉え方(超意識とか)がありますが、自分はこのうように捉えて、モチベーションに繋げています。



以上、マニアックな話があったかもしれませんが参考になれば幸いです( *´艸`)

なお、記事について気になることがありましたら、Twitterでリプライを頂ければ可能な限りお答えしたい思います。【オンザロック @ontherock_jp

また、FX・仮想通貨で自分のトレードスタイルを見つける方法を発信したメールマガジンを始めてみました。よろしければご登録をお願いします。

メカニカルトレードは大きく2つある

以前に、

裁量トレードよりもメカニカルトレードの方がトレーダーとしての寿命が長い気がします。

という記事を書いた後に色々な人と話していて、メカニカルトレードについて2パターンあるなと思ってきたので、今回は自分なりに分類を説明したいと思います。

その2パターンとはズバリ、
1: メカニカルトレード ~インディケータに従う~
2: メカニカルトレード ~インディケータを使わない~


の2パターンです。簡単に説明すると、

<1>は、システムトレード(シストレ)に近いです。エントリータイミングは、矢印(アロー)であったり、インディケータが特定のパターンに入ったらエントリーします。
ただし、相場環境認識として上位足などの方向は考慮されますので、その点が裁量と言えば裁量です。

<2>は、基本はMAだけを表示している印象です。その為、エントリールールに関しては<1>よりも裁量があります。ただし、完全な裁量トレードと違い、エントリータイミングをルール化しています。その為、前回の記事で書いたようにメンタル負荷が軽減されます。

そして、私はと言いますと、今は<2>のスタイルに行きつきました。しかし、もともとは<1>の手法を探し続けていました(中途半端な手法ジプシー時代)、そのうえで手法は定まったのですが、結論としては「飽き」てしまいました(笑)そこで、

メカニカルトレード<1> → 完全裁量トレード → メカニカルトレード<2>(今ここ)

という経歴を歩みました。

ということで、参考までにメカニカルトレードの1・2の違いをお伝えします。


1: メカニカルトレード ~インディケータに従う~

まず前提として、トレード系の勉強をするには色々なパターンがあり、

・書籍(本)
・ネット商材
・youtube系
・twitter系
・ブログ系

など色々あります。私は、最初は書籍から入りました。その時は、

18581215_771484146362083_5539939119515303936_n

これぐらい本を読みました(笑)
その中で、二階堂重人さんはそのようなスタイルで、非常に勉強になりました。

しかし、個人的には「飽きる」という一点で向いていませんでした(笑)
ただ、システムトレードは勝率が悪くない場合もありますので、システムトレードよりも試行回数は減るが、精度は上がる。という意味ではいいと思います。

2: メカニカルトレード ~インディケータを使わない~とは

これは、今の私のスタイルですが、<1>と全然違います、例としては、



こういう感じで、インディケータは「MA」のみで、あとはゾーンと水平線を裁量で引いています。

一般的な裁量トレード推奨の人のYoutubeや商材で書かれているのは、スタイル1の否定として、

「インディケータは後出しのもの(遅行)だから、勝てるわけがない。」

というものです。そして、

・MAだけは相場環境としては使える
・フィボナッチは先行であるため使える

という形で、「裁量トレード」を推奨されるパターンが多くみられます。

ただ私としての分類は、

▼エントリールール
A: インディケータを使う(メカニカルトレードのタイプ1)
B: インディケータを使わない(メカニカルトレードのタイプ2)

▼エントリータイミング
A: ルールあり・インディケータ使う(メカニカルトレードのタイプ1)
B: ルールあり・インディケータ使わない(メカニカルトレードのタイプ1)
C: ルールなし(裁量トレード)

▼資金管理
トレードスタイルと関係なし

例:
・エントリー分割、決済分割
・エントリー分割、決済一括
・エントリー一括、決済分割

という風に考えています。


特にどれが正解とかはないと思いますが、メカニカルトレードのタイプ1は「それだったら、自動売買の方がいいじゃん?」と言われますが、タイプ1であっても裁量が入るのでそこまで単純な話でないと思います。

ただ、中途半端なスキルならば、タイプ2よりもタイプ1の方がルールがより厳格なため「裁量がない」ことが逆に働き勝率は高いかもしれません。

実際に、タイプ1で勝ってる人もいるようなので、これは性格の問題かなと思いました。以上、参考になれば幸いです!^^

なお、記事について気になることがありましたら、Twitterでリプライを頂ければ可能な限りお答えしたい思います。【オンザロック @ontherock_jp

また、FX・仮想通貨で自分のトレードスタイルを見つける方法を発信したメールマガジンを始めてみました。よろしければご登録をお願いします。

今回の記事はサクッとしています。

MT4のデモトレードでトレード検証を行った後に、MT4の詳細レポートで検証結果を見る際に、英語の項目名の翻訳が毎回大変ですよね(笑)

ということで、項目の上に和訳を書いた画面を作成しました。
誰かのお役に立てば幸いです!

MT4・詳細レポートの翻訳




2018-05-05 5-19-43



ちなみに、今回の和訳は、
取引レポート - 上級ユーザーのために - MetaTrader 5
を参考に行いました。

※項目説明(項目あり)
損益比率(プロフィットファクター) = 総利益 / 総損失
損益期待 = 1回当たりのトレードで期待できる損益
勝率 = 利益が得られた取引の量と全ての取引でのパーセント率

※計算式(項目なし)
リスクリワードレシオ(RR) = 取引辺りの平均利益値(勝ち・左側) / - 取引辺りの平均利益値(負け・右側)
利率 = 取引後残高 / (取引後残高 - 確定利益 - 入金/出金額)

自己分析レポート

※コピペ用
期間: 
トレード回数: 回
プロフィットファクター: 倍
リスクリワードレシオ: 倍
利率: %
勝率: %

なお、記事について気になることがありましたら、Twitterでリプライを頂ければ可能な限りお答えしたい思います。【オンザロック @ontherock_jp

また、FX・仮想通貨で自分のトレードスタイルを見つける方法を発信したメールマガジンを始めてみました。よろしければご登録をお願いします。

相当調べた私がオススメするMT4のインディケータとEAまとめ
https://1000pips.com/indicators.html


こちらにページを移動しました。

お手間おかけしますが、よろしくお願いします。

↑このページのトップヘ