FXトレーダー『オンザロック』のトレード日記

#ドル円の1分足スキャルパー です。webディレクターとの兼業です。毎日のリアルなトレードノートを投稿していきます。



参加費がかかったりする塾のオファーでなく、単純にお互いを高めあえる友達を募集してるだけですので、念のため(笑)

FXトレードは孤独・・・だから皆で!

FXでうまくいっている人の共通点として、「トレードジャーナル」(トレードノート)をしっかりとつけている。

ということがあると思うのですが、色々と情報収集をしていくと、数名(2人~50名程度)でグループを作り、そのコミュニティ内でトレードジャーナルを共有することでモチベーション維持をするという方法があるようです。極端な話ですが、

<トレード中>
・エントリー前に、チャート画面のチャプチャーと貼り付け、「こういう気持ちでエントリーします。」
・エントリー後に、「こういう結果でした。反省点は××××です。」


<週末>
・今週のトレードはこんな感じでした!(エントリーと決済ポイント + ロット数)
・今週は、+40pipsで5万円利益が出ました!
・先週末は口座残高30万円でしたが、この1週間で40万円に前で増えました!

と投稿して、他の人から、

「おめでとうございます!」「残念ですねー。」「資金めっちゃ増えてますね!!!www」

とコメントのやりとりをすることで、淡々と1人でノートに書いていくよりも、モチベーションが続きそうですよね(笑)
さらに、その時の感情も記録(吐き出せる)ので、メンタル的なメリットもあります。ちなみに私の場合は、



という風に、トレーニング風景の動画を公開し出してから、色々なコメントや連絡をいただけるようになり、本当にモチベーションが上がっています(笑)

求めるのは、ガチ勢で本気の方のみ。

というわけで、私と一緒にトレード報告や口座残高共有を行え、日々チャットでお互いを高め合える「ガチ勢」な人を募集します。
仲良くなりたい!という気持ちもありますが、「ガチで儲けるぞ!」という方同士で集まっていますので、そういう方のみ参加いただけると嬉しいです。

■LINEグループでは何をするの?

・FXに関するエントリーポイント画面の共有や口座残高、今週のトレード益の共有(たまに雑談)
・お互いに今見ているチャートの画像などを共有し、宣言や反省やアドバイスのし合い

というガチ要素が高い内容です(笑)

自分の口座残高やエントリーポイントを共有することで、「他の人がどういうところでエントリーして、どうやって決済しているのか」「ぶっちゃけ、どれぐらいの資金でどれぐらいお金を増やしているのか」など、本やネットや塾などでは手に入らないリアルな情報交換ができていて、非常に有益なグループになっています。

■参加条件

<トレードについて>
・デモ口座でなく、リアル口座でしっかりとトレードを行っている方(目安として、口座残高10万円以上の方)
・MT4でトレードを行っている方
・1日何度もLINEメッセージが来ても大丈夫な方

<報告内容について>
・・・>平日のトレード実況(任意)
・エントリーしたタイミングで、MT4の画面をLINEグループに共有できる方(余裕がある時だけで大丈夫ですが、ハマってくると共有する方が楽しくなってきますww)

・・・>週末の報告(必須)
・MT4の「口座履歴」(損益額)を共有できる方
※今の現金はいくらあり、今週はいくら増えたか。またはいくら減ったか。をリアルに共有できる強固に繋がった関係のグループを目指しています。

「エントリーと決済履歴」の画面共有画像例:
2018-03-26 15-23-47
MT4に「エントリーと決済履歴」が表示される無料インディケーターをインストールし、週末のタイミングで今週はどこでエントリーをし、どこで決済をしたかなどを共有できればと思います。

「エントリーと決済履歴」の画面共有画像例:



※メッセージ数が多くなるため、LINEの機能でPC版だけ通知設定をし、PCにてLINEアプリを起動されるのを推奨しています。
※グループ参加人数が増えすぎると収拾がつかなくなると思いますので、数名単位でグループを切っていきたいと思います。

■その他

・友だち登録後に、下記のテンプレートを埋め投稿ください。
▼自己紹介テンプレート
名前(ハンドルネーム):
年齢(だいたいの年齢や、秘密あり):
性別:
トレード歴:
過去最高の月間利益は?:
ひとまずの月間利益目標は?:
スキャ、デイトレ、スイングどのスタイル?:
専業 or 兼業?:
(兼業の場合)本業は何系のお仕事ですか?:
参考にしている師匠はいますか?:
よく見るFXのyoutubeは?:
本気で儲けて将来どのようになりたいですか?:
意気込みや、その他一言:
※ガチで儲けたい人用の質問になっています。

・オフ会などは行わず、ネット上だけのコミュニティを考えています。(基本、引きこもり属性な方歓迎ですw)

・私の方で複数グループを管理し、定期的にメンバーのスキルや相性などを見て、グループをシャッフルさせていただきます。
また一定期間発言がない方や、礼儀がない方は、シャッフルのタイミングでお別れになることがあります。ご了承くださいませ。

■参加方法(LINEの友だち登録をお願いします。)

下記のリンクをクリックし、まずは私をLINE友達に追加いただき、上記のテンプレートを埋めてメッセージをいただければ幸いです。


>>オンザロックをLINEに友だち追加する

上記をクリックし、LINEの友だち登録をお願いします。
念のためですが、私は「男」ですので、お間違いなくお願いします(笑)

日々のトレード訓練中に思いつく細かな疑問をまとめていきたいと思います。
答えが分かったら、随時追記していきますので、将来的に有益なナレッジになれば幸いです。

MT4について

<解決済み>
・なし

<未解決>
・朝の6時~7時頃はスプレットが非常に広くなるが何故?またあの時間帯のチャートの動きはどう捉えればいい?

・IFDone-OCO注文を入れ、エントリー指値をチャート上で動かした際に、OCO部分も同時に動いてしまうが、何かいい方法はないか。
→数値を手入力で変更していけば解決するが、他に方法がないか模索中。

・40ポイント(4pips)以内の指値設定について
→EAで解決するが、もっといい方法はないか

・獲得pips数の計算方法
→詳細レポートからエクセル貼り付けの方法以外でもっといい方法の模索中

・MT4のデフォルト機能の画像保存機能は、どこに保存されたか謎(笑)

トレード全般に関する話

<解決というより皆さんに聞きたい質問>

・ポジポジ病対策

・月間目標、pips数と利益数は?
→また月間の平均トレード時間

・過去最大の月間獲得pips数は?

・分割エントリー、分割決済をしているか。

・資金管理の全体のフロー

・エントリー時のロット数を毎回変えているか
参照: 「損失を2%に抑える」資金管理・・・って、何ロット化どうやって計算してますか?

・インディケータは何を使っているか

・過去にどのように勉強をしたか。師匠はいるか

・(専業になれるのに兼業の方)専業にならない理由は?

・分割エントリーの際に、「1トレードの獲得pips数」はどのように算出しているのか
→分割ごとのpisp数を合算しているのか、1グループをひとまとめにし、平均のエントリー価格からの獲得pisp数なのか(決済が1か所という前提)

・どれぐらいの通貨を監視しているか。またその理由

・エントリー後、逆指値は移動するか?(手動トレール)


<自分特有の話>
自分は「せっかち」「気が早い」な性格なのですが、同じように「せっかち」な人のトレード手法
→以前は、「せっかちな性格を直すべし」という一般論を信じていたのですが、「自分にあったトレード」を考える上で、ある時、せっかちと向き合うのが1番と気づきました。
→リスクリワード1:1に拘らず早期決済(これは要検討?)
→1分足トレード



「FXの必勝法!」などの記事などで書かかれている「資金管理は大事です」「1回のエントリーで損失は最大2%までに抑えまでしょう」ということが書かれていますが、これ難しいな・・・とずっと思っていました(笑)というのも、

・ロット数固定 + 逆指値(損切り)の最大pips数固定

という前提条件なら簡単だなと思います。ただ、これってチャートスケールが日々変動する相場においては逆指値の最大pips数が固定というのは現実的でないですよね。となると、毎回エントリーの際に、

===========================
エントリー可能ロット数

許容可能損切り額(現在の総資産 × 0.02) ÷ 1ロット当たりの損益額(今回エントリー予定の損切りpips数 × 1pipsの損益額)

===========================
※計算式が間違っていたらご指摘いただけると幸いですm(__)m

という計算がMT4FT3でエントリーするときに必要になるかと思います。ただこれって、通貨別に単位も変わりますし、毎回計算するのって面倒だな…と思っていました。

シュミレーションツールで問題解決

ただ最近やっと問題が解決しました、それは、「GMOクリック証券 > FXneo > 新規注文 > IFD-OCO」のツールより、

c7addbd320c1f935c35193d500562ee5

という損益シュミレーションツールがありますので、MT4やFT3で水平線を引くと、右側に金額が表示されますので、その値を元に、エントリー時の指値と、決済時の指値と逆指値を入力します。

あとは右側の「取引数量」の数値をポチポチ変更していくと、損益額が毎回変わりますので、総資産の2%を超えるロット数になったら1つ値を戻す(減らす)形で、毎回のエントリーロット数を決めています。

資金管理のエクセルなどもネットで無料配布されていますが、この方法が便利なのかなと思いました(笑)

※スプレットの差はないですが、手数料が発生する証券会社の場合はご注意ください。
※お問い合わせをしたのですが、[決済]売買の「取引数量」は▲▼で1以上にならないという仕様になっているようですので、そこは手入力をお願いします。

リスクリワードレシオの固定化

FT3(Forex Tester3)のトレーニングにおけるKPI設定について
にも記載している「リスクリワードレシオ」ですが、



レバレッジ

で行った効果検証でも、エントリー時のリスクリワードレシオは1.4倍でも、毎回の損益額が違うため、

1回目: 損1万円 益1.4万円(RR1.4倍)
2回目: 損2万円 益2.8万円(RR1.4倍)
3回目: 損5,000円 益7,000円(RR1.4倍)
4回目: 損3万円 益4.2万円(RR1.4倍)
4回目: 損2万円 益2.8万円(RR1.4倍)

合計: 損1.5万円 益9.8万円(プロフィットファクター6.53倍)
平均: 損7,500円 益32,666円(RR4.35倍)

と、ロット数も毎回のリスクリワードが同じでも、1回1回のpips数が同じでないため、リスクリワードレシオ(RR)は固定化されない形になります。その為、今回の方法では、

・逆指値(損切り)のpips数に合わせて、ロット数を可変にする

ということをすることで、結果、毎回の平均損益額、平均利益額が安定化し、リスクリワードレシオが安定し、最大ドローダウンや、利益曲線が滑らかになるのかなと思いました。
※通常、毎回のリスクリワードが固定でないので、リスクリワードレシオを完全に固定化させるのは難しいです。

上記はあくまで本日思いついた、暫定的結論ですので、皆さんの中で、簡単でいい資金管理法がありましたらぜひ教えていただけると幸いです!

FXでは「手法ジプシー」と言って、色々な手法やロジックなどを探し回って、結果どれも中途半端にしかできず、それなら手法選定に時間を掛けず、仮にイマイチな手法でも、1つの手法をトコトン突き詰めた方がよかったんじゃないか。という話があります。

ただ、これは短期的にはその通りだと思うのですが、長期的に見た時に「変な癖」がついてしまう懸念があるなと思っています。

型にはまると短期的には成果が出る。が・・・



自分がサラリーマン時代に1番好きだった本です。この作者が別に書いている漫画で「ドラゴン桜」という漫画である「受験」のテーマの時もそうなのですが、「とにかく暗記しろ!」というような描写があります。

これは受験も仕事もFXもそうだと思うのですが、「初期段階であれこれ自分の頭で考えずに、フレームワークに従って作業をしていた方がパフォーマンスが出る」という事実があるんだと思います。

ただ、実はこの考え方を取り込みすぎたせいで、自分は25歳ぐらいから悩みが生まれました(笑)
それは、「フレームワークを生み出す能力の必要が出てくる」ということです。

自分の場合は、トレーダーとしてはまだ歴が短いですし結果も出ていませんが、Webディレクターとしての経験からFXについても考えてみたのですが、フレームワークを生み出すには
画像

という過程を経る必要があるんじゃないかと思っています。

つまり、アルゴリズム(投資家の心の動き、相場のメカニズム)を理解していないと、フレームワーク(手法・ロジック)は生み出せない。のかなと思っています。

もっと言うと、tips(小手先のテクニック)だけをいくら知識として身に着けても、計算されたフレームワークは生み出せないのかなと思います。

長期的に勝てる本物のトレーダーになる!

私の場合、長期的に勝てる本物のトレーダーになるという目標がありますので、このように考えているのですが、たぶん短期的には遠回りな話だと思います(笑)

「いくら儲かった?」「FXって危なくない?」という質問を耳に入れるとトレーダーにとってヤバい・・・!

でも書きましたが、手元資金を増やすことだけに最適化しておらず、遠回りになる話だと思います。

ただ自分の場合、Webディレクターとしての経験から言うと

”自分の性格”は、「アルゴリズム」を理解して行動していないと、モチベーションが下がる。

という傾向があることが既に発見されております(笑)
これが「自分を知る。」ということかと思っていまして、そういう意味でも全ての人生経験がトレードには活きてくるので、面白いですね。

そういう意味で、色々な「ロジック」に関わらず、「スキャルピング・デイトレ・スイングトレード」、「インディケーター」「EA(自動売買)」「書籍・商材」など色々なものに触れることは一般的には否定されがちですが、悪いことだとは思っていません。

むしろ、1つ1つのアルゴリズムを根底から理解しようとすれば、知恵が手に入り、さらに自分の中の知識の引き出しも増え、全てが自分の血肉となると信じています。
そして、その知恵と知識量が一定数を超えると、どこかでコップから水が溢れだすような感覚で、指数関数的に成長するタイミングが来るというのを、トレード以外の経験を通して感覚として実感がありますので、遠回りと疑わず、今の行動を信じて日々修行が出来ています。

ロジック検証風景

ということで、自分の場合はですが、結構、色々なトレードロジックを思いついて、サクサク検証するという習慣があります。

今も、将来的にも、1つの必勝ロジックのようなものでトレードをしていくイメージはないのですが、

<自分でロジックを思いつく> → <効果検証をして仮説との乖離を見る> → <PDCAを回し改善する>

というステップの中で、自分の中に色々な知恵と知識が得られる感覚があります。

ただ効果検証の方法は色々、最適化の余地あるなと思っていまして、MT4で過去チャートを見て、「ここでエントリーしたとしたら負けてて・・・」とロジックが当てはまる場所にカウントしていき、勝率とpipsを出すのでなく、私の場合は、



レバレッジ

という形で、実際のチャート画面で臨場感を持ってロジックを検証し、FT3の統計結果をもとに分析をしています。

こういう実際のロジック検証動画は、まだまだYoutube内でも見つけれなかったので参考になれば幸いです!色々試行錯誤し、サクサク、感覚的に検証できるように最適化しているつもりです!(笑)

※ただし、誰かの手法を学ぶときに、自分に合った手法であれば「最低でも1年は続けないと」身につかない。ということはあると思います。そういう意味では、バカみたいに1つのことだけやるのもだめ。だからと言って、1つ1つを丁寧にやらず、サラッと触れて覚えたつもりになるのもダメ。という感じで難しいですね(笑)

↑このページのトップヘ