FXトレーダー『オンザロック』のトレード日記

#ドル円の1分足スキャルパー です。webディレクターとの兼業です。毎日のリアルなトレードノートを投稿していきます。

FXに限らず、株や仮想通貨などでも世界的に使われているMT4の時間別ボラティリティの計算方法をメモしておきます。期待ボラティリティの計算や、転換の先読みなどに使用されている方も多いようですね。

それでは、早速操作方法をご説明させていただきます。

「ctrl + s」で時間別の四本値をcsv出力

仮にUSDJPYにて時間別のボラティリティを出すのであれば、USDJPYの1時間足のチャートの上で「ctrl + s」を押すとcsvファイルが保存できます。

※MT4のショートカットはあまりドキュメントがなかったので、
【随時更新】MT4でよく使うショートカットキーまとめ : FX勉強記録(仮)に、その他の気付いたショートカットをまとめています。

csvファイルの整形を行う

出力されるファイルですが、最初はこのうような形になります。


1

多分ですが、このような値だと思います。

2


この中から、「始値」「終値」「ボリューム」の3列を削除します。


3


次はA列の日付をエクセルで日付認識されるためにA列を選択し、「ctlr + F」を押し、「置換」タブに移動後

検索する文字列: .

置換後の文字列: /

とし、「全てを置換」で置換します。


4

その後、E列に「曜日」、F列に「ボラティリティ」という列を追加し、E列の2行目に、「=WEEKDAY(A2,1)」という数式を設定します。

5

すると指定したセルの曜日が数字で返されるのですが、数字だと見づらいので、F列全体を選択後、右クリックをし、「セルの書式設定」を押します。


6

その後、「セルの書式設定」の「分類」の1番下の「ユーザー定義」の「種類」に「aaaa」と設定します。


7

その後、E2セルの設定を1番最後の行まで数式をコピーします。これで曜日設定が完了です。


8

次は「F2」乗せるに「=C2-D2」と設定します。「高値 - 安値」で、1時間足のボラティリティを算出します。こちらも設定がうまくいったら、1番下の行まで数式をコピーしてください。


9

これで、エクセルの整形は全て完了です。

「ピポットテーブル」で分析

最後はすべての値を選択したら、メニューバーの「挿入」からピポットテーブルを選択します。


10

すると右側に「列」「値」に各列のラベルをドラッグ・アンド・ドロップ出来るようになりますので、いじってもらえると色々なパターンのレポートが作成可能です。

例)列:時間、値:ボラティリティ


11

例)列:曜日 + 時間、値:ボラティリティという風に行を2段階で分類も可能です。


12

例)行:曜日、列:ボラティリティ

13

活用方法は色々

例えばですが、最新1週間に値の行を限定し、最新1週間の時間別ボラティリティを算出し、


14

というように、事前にボランティアが大きくなる時間を先行指標的に表示しておくなども可能かと思います。(この時間別の値幅を表示するには別途インディケータが必要かと思います。)

その他補足

・ピポットテーブルでの「曜日」の表示についてですが、形式が戻っていますので、「セルの書式設定」から再度設定をお願いします。

・調査対象にする日数はcsvファイルのデータの行を削除することで調整してください。

・MT4の表示される時間は、日本時間とは違うためご注意ください。

・「サマータイムの切り替わり」や「月曜日の窓開け(ATR)」的なものは考慮されていませんのでご注意ください。



なお、記事について気になることがありましたら、Twitterでリプライを頂ければ可能な限りお答えしたい思います。【オンザロック @ontherock_jp

また、FX・仮想通貨で自分のトレードスタイルを見つける方法を発信したメールマガジンを始めてみました。よろしければご登録をお願いします。



MT4のショートカットキーって、意外とネットで見つけられなかったりして困っているのですが、操作中の誤操作で気づいた方法や、色々な組み合わせのキーを押しまくって気づいたショートカットキーを書いていきます。

ショートカットキー

+ → ズームイン(テンキーで操作すると便利)

- → ズームアウト

Page Up → 高速左スクロール

Page Down → 高速右スクロール
ctrl + t → 四本値表示

ctrl + s → 四本値をcsvに出力(平均ボラティリティ計算などに)

ctrl + tab または ctrl + Shift + tab → チャートの組内のチャートの切り替え

ctrl + w → チャート削除

ctrl + t → ターミナル(ポジション確認など)の表示・非表示

ctrl + i → 見ているチャートのインディケート一覧画面

ctrl + o → オプションが表示(EAのON/OFFなどで使う人は多そうですね。)

ctrl + p → プリンター設定 ※ただし、TechSmith Snagitを使用している人の方が多そうですね。

backspace → 直近で設定した、ラインなどを削除。繰り返し可能。

ctrl + z → 直近で削除したインディケートを復活

ctrl + b → 表示中のラインなどのリストの表示

ctrl + b → サイドバーの「ナビゲーター」の表示

ctrl + F5 または Shift + F5 → チャート組の切り替え

alt + t → 左上のワンクリックトレードの表示

alt + r → 複数のチャートのウインドの整列

 Esc → インディケータやオプション画面など設定画面を閉じれます。

 

などが現在把握していますが、他にもありそうですね。

※「ctrl + l」(ボリューム表示)や、「ctrl + b」(気配値表示)などは使用しないので、割愛しております。

その他豆知識

チャート画面を大きく表示するために、「ツールバー」の<標準><チャート><ライン等><時間足設定>を非表示にしている場合に、「自動スクロール」のON/OFFをする際に、

×: 該当のチャート上でクリック(MTFを前提) → メニューバーの「チャート > 自動スクロール」をクリック

〇: チャート上で右クリック → プロパティ → 全般タブ(もしくは ctrl + tabで移動) → 「チャートの自動スクロール」

の方がいいです。

 

また初歩的な話なのですが、MTFで色々なチャートにインディケータの設定を行う際に、インディケータごとに「保存」「読み込み」で、インディケータの個別設定が引き付けるのも便利だと思いました。

探し中のショートカットキー(あればいいなリスト)

「トレンドライン」や「フィボナッチ」を引く際に、今の所はメニューバーの「挿入」からしかないので何かあるといいなと。。

※一応、「alt + i + l + t」であれば可能です。

また、削除したものの復活は可能ですが、間違っていじってしまったトレンドラインの操作を1つ戻す。とかの方法も知りたいですねー。いつも、癖で「ctrl + z」を押してしまい混乱してしまいます(笑)


もしも誰か、ご存知でしたらぜひ、コメントなどで教えてくださいませm(__)m


有料インディケータでの設定

ちなみに、有料インディケータで、

MT4ショートカットキー 【FX】

というのはあります。全てのキーを割り当ててるわけでないのですが私は、


2018-02-04 17-49-50

 
という風な設定を行っています。

※削除の際は、ラインを選択状態(両端と真ん中に丸が出ている)で、ラインの上に矢印をマウスオーバー状態で「D」を押す必要があります。


また上記のキー割り当て以外、トレンドラインや水平線の設定画面で、

・ctrl + F1 → ラインの色、線種、太さを記録

・F1 → 上記設定を再現

が可能ですので、MAなど大量に設定する際に便利そうです。

その他

・右側の値幅のスケールを変えた後、「ダブルクリック」でリセットが可能

・フィボナッチなどの設定で「説明」の箇所に

0, %$

※「0%」の部分は各自変更ください。

と設定すると、ラインの右側に該当のラインの値段が表示されるのも便利ですよね。

・フィボナッチなどのラインを設定する際に、

先に値位置を決める → shiftを押したまま左右スライド(値位置が固定される)

フィボナットなどで0%や100%の位置がローソク足の先端と合わせようとすると、「・」や文字カウントがかぶって見えなくなるので、該当のローソク足から離れた時間自覚で設定しその後に左右に移動するのが便利です。



なお、記事について気になることがありましたら、Twitterでリプライを頂ければ可能な限りお答えしたい思います。【オンザロック @ontherock_jp

また、FX・仮想通貨で自分のトレードスタイルを見つける方法を発信したメールマガジンを始めてみました。よろしければご登録をお願いします。

MT4(MetaTrader4)で1つのチャートの中に、時間足毎に違う設定のMAを表示する方法。https://1000pips.com/mtf.html

こちらにページを移動しました。

お手間おかけしますが、よろしくお願いします。



用意するツール

MT4裁量バックテスター
MT4のエキスパートアドバイザー(以下、EA)という機能を使うのですが、EAは本来、システムトレードのテスターとして使用するため、エントリーや決済ができませんので、このEAが必要になります。
また、EAのチャートは時間足を切り替えれないため、マルチタイムフレーム用のオフラインチャートも生成してくれる機能があります。
公式の説明ページも用意されています。

MT4ラインオートコピー
上記の理由で、チャートの時間切り替えでなく、見たい時間足分のオフラインチャートを表示する必要があるので、各チャートに引いたラインを同期するためのインディケータとなります。
またトレンドラインを引いた後に、「S」ボタンを押しながらトレインドラインクリックすると水平線になる機能も便利です。(MT4にある水平線でラインを引いてしまうと、起点が分かりづらくライン数が増えすぎるため。)

MT4が重くなって固まってしまう問題の解決方法

MT4のEA用のチャート(5分足/1番下位の時間指定が必要)と、オフラインチャート4つ(日足、4時間足、30分足)と合計4つのチャートを起動しバックテストを開始しようとするとMT4が重すぎて起動しませんでした。

その後、色々検証したのですが、EA用のチャートに定型チャートでインディケータを適用させて動かすの事態が重いことが変わりましたので、

・EA用チャート(5分足)
・オフラインチャート(日足、4時間足、30分足、5分足)

の5つのチャートを表示させ、EA用チャートは何も設定を変えず最小限のサイズにし放置し、オフラインチャートの4つでトレードをするのがいいとわかりました。

なお、記事について気になることがありましたら、Twitterでリプライを頂ければ可能な限りお答えしたい思います。【オンザロック @ontherock_jp

また、FX・仮想通貨で自分のトレードスタイルを見つける方法を発信したメールマガジンを始めてみました。よろしければご登録をお願いします。

↑このページのトップヘ