FXトレーダー『オンザロック』のトレード日記

#ドル円の1分足スキャルパー です。webディレクターとの兼業です。毎日のリアルなトレードノートを投稿していきます。

カテゴリ: 気づき

FXでは「手法ジプシー」と言って、色々な手法やロジックなどを探し回って、結果どれも中途半端にしかできず、それなら手法選定に時間を掛けず、仮にイマイチな手法でも、1つの手法をトコトン突き詰めた方がよかったんじゃないか。という話があります。

ただ、これは短期的にはその通りだと思うのですが、長期的に見た時に「変な癖」がついてしまう懸念があるなと思っています。

型にはまると短期的には成果が出る。が・・・



自分がサラリーマン時代に1番好きだった本です。この作者が別に書いている漫画で「ドラゴン桜」という漫画である「受験」のテーマの時もそうなのですが、「とにかく暗記しろ!」というような描写があります。

これは受験も仕事もFXもそうだと思うのですが、「初期段階であれこれ自分の頭で考えずに、フレームワークに従って作業をしていた方がパフォーマンスが出る」という事実があるんだと思います。

ただ、実はこの考え方を取り込みすぎたせいで、自分は25歳ぐらいから悩みが生まれました(笑)
それは、「フレームワークを生み出す能力の必要が出てくる」ということです。

自分の場合は、トレーダーとしてはまだ歴が短いですし結果も出ていませんが、Webディレクターとしての経験からFXについても考えてみたのですが、フレームワークを生み出すには
画像

という過程を経る必要があるんじゃないかと思っています。

つまり、アルゴリズム(投資家の心の動き、相場のメカニズム)を理解していないと、フレームワーク(手法・ロジック)は生み出せない。のかなと思っています。

もっと言うと、tips(小手先のテクニック)だけをいくら知識として身に着けても、計算されたフレームワークは生み出せないのかなと思います。

長期的に勝てる本物のトレーダーになる!

私の場合、長期的に勝てる本物のトレーダーになるという目標がありますので、このように考えているのですが、たぶん短期的には遠回りな話だと思います(笑)

「いくら儲かった?」「FXって危なくない?」という質問を耳に入れるとトレーダーにとってヤバい・・・!

でも書きましたが、手元資金を増やすことだけに最適化しておらず、遠回りになる話だと思います。

ただ自分の場合、Webディレクターとしての経験から言うと

”自分の性格”は、「アルゴリズム」を理解して行動していないと、モチベーションが下がる。

という傾向があることが既に発見されております(笑)
これが「自分を知る。」ということかと思っていまして、そういう意味でも全ての人生経験がトレードには活きてくるので、面白いですね。

そういう意味で、色々な「ロジック」に関わらず、「スキャルピング・デイトレ・スイングトレード」、「インディケーター」「EA(自動売買)」「書籍・商材」など色々なものに触れることは一般的には否定されがちですが、悪いことだとは思っていません。

むしろ、1つ1つのアルゴリズムを根底から理解しようとすれば、知恵が手に入り、さらに自分の中の知識の引き出しも増え、全てが自分の血肉となると信じています。
そして、その知恵と知識量が一定数を超えると、どこかでコップから水が溢れだすような感覚で、指数関数的に成長するタイミングが来るというのを、トレード以外の経験を通して感覚として実感がありますので、遠回りと疑わず、今の行動を信じて日々修行が出来ています。

ロジック検証風景

ということで、自分の場合はですが、結構、色々なトレードロジックを思いついて、サクサク検証するという習慣があります。

今も、将来的にも、1つの必勝ロジックのようなものでトレードをしていくイメージはないのですが、

<自分でロジックを思いつく> → <効果検証をして仮説との乖離を見る> → <PDCAを回し改善する>

というステップの中で、自分の中に色々な知恵と知識が得られる感覚があります。

ただ効果検証の方法は色々、最適化の余地あるなと思っていまして、MT4で過去チャートを見て、「ここでエントリーしたとしたら負けてて・・・」とロジックが当てはまる場所にカウントしていき、勝率とpipsを出すのでなく、私の場合は、



レバレッジ

という形で、実際のチャート画面で臨場感を持ってロジックを検証し、FT3の統計結果をもとに分析をしています。

こういう実際のロジック検証動画は、まだまだYoutube内でも見つけれなかったので参考になれば幸いです!色々試行錯誤し、サクサク、感覚的に検証できるように最適化しているつもりです!(笑)

※ただし、誰かの手法を学ぶときに、自分に合った手法であれば「最低でも1年は続けないと」身につかない。ということはあると思います。そういう意味では、バカみたいに1つのことだけやるのもだめ。だからと言って、1つ1つを丁寧にやらず、サラッと触れて覚えたつもりになるのもダメ。という感じで難しいですね(笑)

なお、記事について気になることがありましたら、Twitterでリプライを頂ければ可能な限りお答えしたい思います。【オンザロック @ontherock_jp

また、FX・仮想通貨で自分のトレードスタイルを見つける方法を発信したメールマガジンを始めてみました。よろしければご登録をお願いします。

本業のWebディレクターの仕事をしているときは、「マインド」について考えるということはほぼなかったのですが、トレーダーコミュニティに参加してからメンタルの話に触れる機会が増えました。

書籍やYoutubeとかでも、メンタル面の重要性についてよく触れられていますね。

ということで、自分なりにトレーダーとして成長するためのマインドについて考えてみました。

世間のイメージする「トレーダー」は実態と違う

まずトレーダーのイメージについてなのですが、「資産運用的な投資」と混合されてしまうことが多いと思います。いわゆる、「銀行に預けていてもお金は増えないので、適切なポートフォリオを組んで資産運用をしましょう。」的な話ですね。

また最近だと、「仮想通貨買っておけば儲かる!」という話がありますが、いわゆる「ガチ保」な投資スタイルとも混合され、「今からFX遅くない遅くない?」「今は不景気だから、ダメじゃない?」という質問をぶつけられることが多いのではないでしょうか。

実際にトレーディング(特にスキャルピングやデイトレード)風景を見てみると、実はスポーティな感じもあり(笑) 印象が変わるので、もし困ったら私のトレード動画のURLを送ってください(笑)



自分の場合は、動画を共有してから周りの理解が深まりました。

「いくら儲かった?」という質問を耳に入れるとヤバい!!!

上記のように、同じトレーダーの方でないと、そもそも、どんなことをやっているかのイメージが一致しません。

そして、更にねじれの関係として、「向ている人は即儲かる」というイメージを持たれている方も多い気がします。

イメージとしてはトレーディングに対して、スポーツの「短距離走」のようなイメージで思われているのかなと思います。短距離走は陸上部の人でなくても、誰でも平等に秒数が存在するため、未経験者でも運動神経が高い人はいい成績が出たりすると思います。

ただ実際のトレーディングは、「卓球」「将棋」というような職人技な印象で、経験者と未経験者の差が大きく、そこには未経験者では "絶対に" 乗り越えられない壁がある属性のものだと思います。

ですから、「初心者時代は、「しっかりと修行する期間」が必須であり、「すぐに結果を!!今からお金増やしたい!」と言っていたらヤバい訳です(笑)

その為、最初の1年は「結果」よりも、「知識・知恵・ノウハウ」を蓄える時期に充てるのが王道というのはわかっているのですが・・・このマインドセットを維持するのは超難しいんです(笑)

それは、周りから「儲かってる?」「成績は?」と聞かれると、スケベ根性が出てしまし、横道にそれてしまうからです(笑)

そういうことを言う人に対して「知識・知恵・ノウハウ」のステージアップについて語っても、「で、結果は?」という短絡的な結果になってしまいます。ただ逆に「1.2倍になりました!」「勝率70%です!」という意味が薄いKPIを伝えると、凄い褒めらるわけです(笑)

この一連の流れで、「褒められる = 良いことした!という刷り込み」という形で、どんどん意味の薄いKPIに進んでしまい、本質を見失ってしまうという負のスパイラルに入るわけです・・・。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

そういう理由から、諸信者時代の「知識・知恵・ノウハウ」を蓄えるフェーズでは、こういう状況にならないように工夫をするのが1番のマインドセット対策だと思いました!

なお、記事について気になることがありましたら、Twitterでリプライを頂ければ可能な限りお答えしたい思います。【オンザロック @ontherock_jp

また、FX・仮想通貨で自分のトレードスタイルを見つける方法を発信したメールマガジンを始めてみました。よろしければご登録をお願いします。

↑このページのトップヘ