FT3(Forex Tester3)での効果検証の前提として

・マーチンゲール的な手法(カジノなどでの負けたら、さらに倍出かけていく手法)や、ずっと損切りをしないで1回のトレードで資産に対してリスクを5~%取ってのトレードは、運よく最初に利益が出ると最大ドローダウンに現れないかもですが、意味のない検証かと思います。

検証期間に大暴落があるか、ないか。によって結果が大きく変わってくると思います。自分の場合は逆指値(損切り)を広めに設定し、手動で早期撤退を行っているのですが、これだとたまに、コツコツドカン。があるんですよね。
ただ、そんなに大きく動くシーンは少ないので、正直、手動での早期撤退の方が勝率が高いです。
逆にちゃんと狭く逆指値を設定すると、ストップ狩りにあってしまいますし、勝率も下がり心理的にもつらいのですが、ここは乗り越えるべき壁ですので、ステージを上げて解決したいところです。

・自分の場合は、スプレットを0で検証をしています。理由は、スプレット分を考慮し指値・逆指値を移動すると効果検証の最中に余計な時間を取られてしまうと思っているからです。
→また実際にはXMのZERO口座を使ったリアルトレードを想定しています。その場合、手数料がありますので、その分を結果の総利益から考慮してトレーニングをした方がいいと思います。

・FT3の早送り機能は効果検証にはいいですが、リアルトレードではその「待つ」時間が考慮されないため要注意。
→ただしそれが理由でFT3が無駄かと言うと、そうではなく、むしろ早送りで勝てないなら、リアルなペースでも勝てないと思って練習しています。

「勝てると思ったところだけトレードすべき」とよく言われますが、極端な話1年に1回しかトレードができないなら、意味がないのかなと思います。その為、期間を考慮した「資産の回転率」も重要だと思っています。
ただ、FT3は1日が24時間ですが実際にそんなに長くトレードできませんし、寝ている間は監視できず、早期撤退もできないため、この点は考慮した方がいいと思います。

効果検証で重視すべきKPI

統計
まず、私の場合はこのような形で、縦長の統計データを上記のようにフォトショップで編集をし、さらに「リスクリワードレシオ」は手動で追加をして毎回のトレード結果を残しています。
(詳細は、文末の動画を参考していただければ幸いです。)

・利率(総利益)
%の計算をシンプルにするため、毎回元資金を「100万$」からスタートしていますので、例えば総利益が10万$であれば、1.1倍となります。
※利率は、最初の資金に対しての利益(または損失)の倍率

・経過日数 × 利率(総利益
上記でも記載しましたが、FT3上は一瞬ですが、実際はローソク足1本1本に凄い時間がかかっているわけですので、資金回転率は非常に重要です。

・プロフィットファクター
「総利益」/「総損失」の倍率を示す指標で、いわゆる「期待値」です。
「利益率」を追うのも重要ですが、この「期待値」が高ければ高いほど、エントリー回数(試行回数)に対して効率よく利益が増えていく形になります。

・リスクリワードレシオ(表示されないため計算が必要です)
「平均利益」/「平均損失」の倍率を示す指標です。
プロフィットファクターの場合は、総額に対して、リスクリワードレシオの場合は、総利益と総損失をトレード回数で割った「平均値」に対してのレシオになります。

その為、例えば、プロフィットファクターが「1」(総利益と総損失が同じ)だとしても、
利益: 1回エントリー、1,000$
損失: 10回エントリー、1,000$(1回100$)
の場合、リスクリワードレシオは、「1,000$/100$」で「10」になります。
その為、プロフィットファクターは「勝率」が加味されていますが、リスクリワードレシオは勝率が加味されておらず、普段の指値と逆指値の比率(リスクリワード)を見る値となります。


・最大ドローダウン
実現損益でなく、含み損ベースでの最大のマイナス損益額です。(FT3だと率でなく、損失の額のようです。)
この数字が高いと、今回は運がよく初動で勝利が続いたから大丈夫だったけど、運が悪いと次は負けてしまう。ということになってしまうかと思います。

・勝率
正直あまり意味がない値ではあると思いますが、一般的には重要視されているKPIです。
極端な話、リスクリワードレシオが高ければ、損小利大的な考えで言うと、トータルでプラスになる為、勝率に拘る必要がないのですが、目先のKPIとしては重視されやすいと思います。
ただし、トータルプラスになるとわかっていも、勝率が低いとメンタル的につらいのは事実なので、数値を追うのはいいと思うのですが、振り回されたくないKPIだと思っています。

※過去の効果検証をする場合、リスクリワードレシオを維持した条件で比較しないと意味がないと思います。

こんな感じでFT3の練習風景を動画でアップしています。



こういう感じでサクサク練習しています。よろしければ、ご参考になれば幸いです!