本業のWebディレクターの仕事をしているときは、「マインド」について考えるということはほぼなかったのですが、トレーダーコミュニティに参加してからメンタルの話に触れる機会が増えました。

書籍やYoutubeとかでも、メンタル面の重要性についてよく触れられていますね。

ということで、自分なりにトレーダーとして成長するためのマインドについて考えてみました。

世間のイメージする「トレーダー」は実態と違う

まずトレーダーのイメージについてなのですが、「資産運用的な投資」と混合されてしまうことが多いと思います。いわゆる、「銀行に預けていてもお金は増えないので、適切なポートフォリオを組んで資産運用をしましょう。」的な話ですね。

また最近だと、「仮想通貨買っておけば儲かる!」という話がありますが、いわゆる「ガチ保」な投資スタイルとも混合され、「今からFX遅くない遅くない?」「今は不景気だから、ダメじゃない?」という質問をぶつけられることが多いのではないでしょうか。

実際にトレーディング(特にスキャルピングやデイトレード)風景を見てみると、実はスポーティな感じもあり(笑) 印象が変わるので、もし困ったら私のトレード動画のURLを送ってください(笑)



自分の場合は、動画を共有してから周りの理解が深まりました。

「いくら儲かった?」という質問を耳に入れるとヤバい!!!

上記のように、同じトレーダーの方でないと、そもそも、どんなことをやっているかのイメージが一致しません。

そして、更にねじれの関係として、「向ている人は即儲かる」というイメージを持たれている方も多い気がします。

イメージとしてはトレーディングに対して、スポーツの「短距離走」のようなイメージで思われているのかなと思います。短距離走は陸上部の人でなくても、誰でも平等に秒数が存在するため、未経験者でも運動神経が高い人はいい成績が出たりすると思います。

ただ実際のトレーディングは、「卓球」「将棋」というような職人技な印象で、経験者と未経験者の差が大きく、そこには未経験者では "絶対に" 乗り越えられない壁がある属性のものだと思います。

ですから、「初心者時代は、「しっかりと修行する期間」が必須であり、「すぐに結果を!!今からお金増やしたい!」と言っていたらヤバい訳です(笑)

その為、最初の1年は「結果」よりも、「知識・知恵・ノウハウ」を蓄える時期に充てるのが王道というのはわかっているのですが・・・このマインドセットを維持するのは超難しいんです(笑)

それは、周りから「儲かってる?」「成績は?」と聞かれると、スケベ根性が出てしまし、横道にそれてしまうからです(笑)

そういうことを言う人に対して「知識・知恵・ノウハウ」のステージアップについて語っても、「で、結果は?」という短絡的な結果になってしまいます。ただ逆に「1.2倍になりました!」「勝率70%です!」という意味が薄いKPIを伝えると、凄い褒めらるわけです(笑)

この一連の流れで、「褒められる = 良いことした!という刷り込み」という形で、どんどん意味の薄いKPIに進んでしまい、本質を見失ってしまうという負のスパイラルに入るわけです・・・。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

そういう理由から、諸信者時代の「知識・知恵・ノウハウ」を蓄えるフェーズでは、こういう状況にならないように工夫をするのが1番のマインドセット対策だと思いました!

なお、記事について気になることがありましたら、Twitterでリプライを頂ければ可能な限りお答えしたい思います。【オンザロック @ontherock_jp

また、FX・仮想通貨で自分のトレードスタイルを見つける方法を発信したメールマガジンを始めてみました。よろしければご登録をお願いします。